【公式】ハワイ出張ロミロミマッサージ/女性限定!ハワイの伝統マッサージ「ロミロミ」をホテルのお部屋でお楽しみ頂けます。

女性限定!ハワイの伝統マッサージ「ロミロミ」出張サービス

050-5807-3641受付(日本時間)
11:00~17:30

808-369-8084受付(ハワイ時間)
8:00〜22:30

感じる・愉しむ ハワイ情報 メインイメージ

HOME > 感じる・愉しむ ハワイ情報 > 南国ならではの樹木

南国ならではの樹木Tree

ハワイではたくさんの樹木を見かけます。日本で見かける樹木とは違う南国の木々に癒しを感じたり、迫力に見惚れてしまった方も多いのではないでしょうか?
実はハワイには、昔はたくさんの種類の原生の木がありましたが、外来種の樹木が植えられていくうちに、次第に原生の木が育たなくなってしまいました。そのため、今ではハワイ原生の木も花も、ほんの少しになっています。
今回は、そんな貴重な南国ハワイの樹木をお伝えします。

ハウ

ハウの木は、ハワイ原生種のひとつで、とてもかわいらしいハート型の葉を付けます。中には白やピンクの葉もあり、見ているだけで癒されます。ハウの木の花はハイビスカスの一種で黄色い花をしていますが、とても不思議なことに、時間が経つとオレンジ色に変化するという特徴を持っています。

コア

絶滅寸前まで切り倒され、今は伐採を禁止されているコアの木も、ハワイの原生種。アカシアの仲間で、固い幹を持っています。コアの材木は、水の中で何年使っても歪まないという素晴らしい材質ですので、カヌーやサーフボードによく使われます。美しい光沢のある木材ですので、家具やウクレレに使うのも人気。樹皮は樹皮布(タパ)になり、葉は薬用として使われます。昔はハワイにはたくさんのコアの木が育っていました。

ハラ

ハラ

パンダナス、パンダヌス、アダンなどとも呼ばれるタコノキ科の樹木。パイナップルに少しだけ似ている果実を付け、熟すとオレンジ色に変わります。そのため、観光客は「パイナップルの木だ!」と勘違いすることも。
ハワイでは、「ハラ」と呼ばれていて、葉の部分で帽子やムシロ、ブレスレットなどが作られます。

ヤシの木(パームツリー)

ヤシの木(パームツリー)

ハワイと言えばヤシの木。私たちの頭の中には、ヤシの木は南国の木と言うイメージが染み込んでいます。
しかし、ハワイの原生のヤシは「ロウル」と呼ばれるものだけで、私たちがハワイのイメージを持っているヤシの木は外来種なのです。世界中の南国の国でヤシの木は育っており、230属3500種も種類があります。

ククイ

ククイ

ハワイ州の州木がククイです。ククイはハワイの原生種ではなく、マレー半島から来たと言われています。
枝が横に張り出すククイの木は、互い違いに葉を付けます。開花は周年で、枝先にかわいらしい小さな白い花を円錐形にたくさんつけて、見ているだけで癒されます。
ククイに出来る球状の実は、装飾に使われたり、ニスとして使用されたり、キャンドルに使用されたり。英名では、キャンドルナッツとも呼ばれています。種子からは油が採れ、石鹸や塗料の原料に。実を焼いて砕いたものは調味料として使われます。実をつぶした汁や樹液は薬にもなります。

モンキーポッド

モンキーポッド

日立のコマーシャルで使われている「この木なんの木」のモンキーポッド。ハワイでおなじみの樹木ですが、実はメキシコ、ペルー、ブラジルなどの熱帯アメリカが原産の樹木で、ネムノキや、レインツリーなどとも呼ばれます。
花は年に2回、5月と11月に、ピンク色や黄色、クリーム色などの美しい花を咲かせます。

バニヤンツリー

バニヤンツリー

ハワイのあちこちで見かけるバニヤンツリーは、菩提樹の仲間。根が枝から地面に向けて空中でぶら下がっているのが特徴です。
とても生命力が旺盛な南国の寄生植物で、マウイ島には樹齢100年を超えた大きなバニヤンツリーが育っています。
ハワイのイメージの強い樹木ですが、この木はインドからやってきました。

伝統マッサージ ロミロミ

ハワイリラクゼーションの魅力

感じる・愉しむ ハワイ情報

スタッフブログ more

2017.08.19

お得にロミロミ☆

2017.08.12

ロミロミでお姫様

2017.08.05

ロミロミと眠り

Topへ

Copyright © Hawaii LomiLomi Massage. All Rights Reserved.